• 2012.2.28

嬉しくておもらし うれしょんのしつけ

3277205024_1d64e0ff3e_m-1


生後2ヶ月のダックスフンドを飼っています。
私が出掛けて帰ってくると必ず、玄関でうれしょんをしてしまいます。
嬉しくておもらししてしまうのだと思いますが・・・
対処方法はありますか?

 

 


はい、あります。

 

 

おもらし(うれしょん)してしまう犬には理由があります。
興奮と服従の2つのタイプです。

 

仔犬の場合は殆どが興奮によるおもらしです。
タイプによって対処方法をかえてください。

 

 

興奮からのおもらし

 

 

犬は興奮すると膀胱のコントロールができなくなり、
おもらしをしてしまうことがあります。

 

帰ってきた飼い主を見て、嬉しくて興奮した時などにおもらしをしてしまう。
これは自然な行為なのです。

 

興奮しておしっこをしてしまうのは、仔犬の頃に多い現象です。
仔犬は、膀胱を上手にコントロールできません。

 

嬉しい気持ちを表現しているので、怒ることは本当であればしたく
ありませんので、おもらしをして欲しくない事を自然に教えます。

 

ここで叱ってしまうと、今度は叱られて動揺した気持ちからおもらしをし
てしまうようになります。

 

まず、仔犬が興奮しないように予防することが大切です。

 

玄関で、仔犬に構わないようにします。
目をあわせないようにしても良いでしょう。

 

仔犬が少し落ち着いたら、遊んであげましょう。

 

この行為を繰り返すと、出かけたら帰ってくる事が当たり前だと
わかり、必要以上に興奮しなくなり、その結果おもらしをしなくなります。

 

又、大人になれば膀胱の機能が発達し、自然におもらしが改善されます。
小さい時が一番気をつけてあげなくてはいけないのです。

 

この方法でおもらしを予防してあげてくださいね。

 

 

 

 

服従からのおもらし

 

 

これは群れの中で起こる現象で、リーダーに服従的な姿勢を取り、
その結果としておもらしをしてしまいます。

 

このタイプのおもらしは、犬が大きな不安に感じている時です。
飼い主が帰宅したことに、大きな不安や恐怖を感じているのです。

 

原因として、周囲との関係が乏しかったり、恐怖を体験したことある犬は、服従の
おもらしをしてしまいます。

 

子犬の場合はそのような経験がないので、服従からのおもらしはあまりありませんが、
成犬になってからもおもらしをする状態なら、ば、過去に問題を持っているということです。

 

このような場合は、ふせやまてなどを教えることにより、服従には
おもらしよりも、もっとふさわしい服従する方法があることを教えてあげなければなりません。
他のしつけと合わせて、きちんと時間をかけて教えてあげるようにしましょう。

 

 

 

どちらのタイプのおもらしの場合も、決して叱る、叩くなどの暴力行為を行なって
はいけません。

 

おもらしをしても知らない顔をして、片付けを済ませましょう。
おもらしは、きちんと教えてあげれば、防げる行為です。
 

 
かしこい犬の選び方・飼い方マニュアル無料プレゼントはこちら

関連記事

知って得する!わんこレター購読

もっと楽しいドッグライフを♪
すぐに役立つわんこ情報をお届けします
.わんこレター購読へ
わんこレター購読
.

姉妹サイト「犬のレシピ集」

わんこ用手作りレシピがいっぱい!

犬のレシピ集へ

皆のご飯&おやつ写真をご紹介!

わんこレシピYouTube


わんこの大好物ランキング


犬の手作りご飯レシピ連載中



犬の手作りご飯レシピ「幸せのれしぴ」

愛犬との幸せな暮らし

愛犬との幸せな暮らし
家族の一員である愛犬との暮らしを快適に!
「愛犬との幸せな暮らし」レポートプレゼント

facebookもよろしくお願いします!

応援してね!

おそろいご飯とおやつ♪

ページ上部へ戻る