• 2011.12.25

犬に与えてはいけない食べ物

けーき

犬は人間と体の機能が違う為、
食べ物に含まれる分解できない成分により
体調不良をや深刻な症状を引き起こします。

与えてはいけない食べ物・注意が必要なものをしっかりと覚えておきましょう!

 

 

 

 

ネギ・ニラ類

 

ネギやにら類に含まれる成分は、犬の溶血性貧血を引き起こします。
大量に接種すると危険な症状を発症します。

その他、下痢や嘔吐黄疸、肝臓肥大や赤い尿などを起こします。
加熱しても毒素は破壊されません。

私達が普段口にしている食べ物の中に含まれている場合も多くあります。
犬が口にしないように注意しましょう。

 

 

イカ・タコ・エビ・カニ・クラゲ

 

 

これらの食べ物は消化がよくありません。
下痢や嘔吐の原因になります。
貝類も避けてください。のどに詰まらせる危険もあります。

 

魚や鳥肉の骨

 

固い骨はのどに刺さったり、体の中で折れた場合に尖った先で内蔵や消化器官を傷つける
恐れがあります。特に鳥の骨は固く、折れると先が尖るので与えないようにしてください。

 

 

牛乳・乳製品

 

 

犬は牛乳に含まれる成分を分解する酵素が少ない為、下痢をしてしまうことがあります。
与える場合は、犬用の牛乳のほうが安心です。
普段から少量与えても問題ない場合でも、下痢をしたときには与えないでください。

 

 

玉ねぎ

 

 

玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分で、溶血性貧血を起こす場合があります。
血尿を出すこともあります。
玉ねぎを食べてしまった時に、これらの症状が強くでるようです。注意しましょう。

 

 

コーヒーやお茶

 

 

カフェインの含まれている飲み物は、嘔吐や下痢、てんかんやけいれん、尿失禁などの
体調不良を引き起こす恐れがあります。

 

 

チョコレート

 

 

犬はチョコレートに含まれている成分を分解することができません。
下痢や嘔吐、発熱、興奮、不安など情緒不安定になってしまいます。

 

 

ケーキ、お菓子などの甘いもの

 

 

糖分を多く含むものは、だ液の浄化作用を弱め、歯垢の蓄積や歯周病の原因になります。
肥満の原因にもなりますので、与えないようにしましょう。

 

ハム・ソーセージ・味噌汁など

 

 

塩分の強い食べ物は与えてはいけません。犬は人間の三分の一程度の食塩で十分なのです。
肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。


 

とうがらし・わさび・マスタード

 

 

香辛料はとても刺激が強いので、嗅覚の優れている犬にはとても刺激のつよい食べ物です。
又、胃粘膜を刺激し内蔵に負担をかけます。

 

この他、冷蔵庫で冷えた食べ物や、熱すぎる食べ物も胃腸によくありません。
与える場合は常温で与えてください。

 

関連記事

知って得する!わんこレター購読

もっと楽しいドッグライフを♪
すぐに役立つわんこ情報をお届けします
.わんこレター購読へ
わんこレター購読
.

姉妹サイト「犬のレシピ集」

わんこ用手作りレシピがいっぱい!

犬のレシピ集へ

皆のご飯&おやつ写真をご紹介!

わんこレシピYouTube


わんこの大好物ランキング


犬の手作りご飯レシピ連載中



犬の手作りご飯レシピ「幸せのれしぴ」

愛犬との幸せな暮らし

愛犬との幸せな暮らし
家族の一員である愛犬との暮らしを快適に!
「愛犬との幸せな暮らし」レポートプレゼント

facebookもよろしくお願いします!

応援してね!

おそろいご飯とおやつ♪

ページ上部へ戻る