• 2012.3.29

犬のしつけ「トイレトレーニング」 子犬

犬のしつけ「トイレトレーニング」子犬

子犬の頃にしっかりとトイレのしつけを教えておくことは大切です。
ペットシートや、決まった場所で排泄するように教えてあげましょう。
褒める事でトイレの場所を覚え、排泄できるようになります。

 

トイレトレーニングは、根気良く続けることがポイントです。
子犬が来た時からトレーニングを開始します。
1週間はサークルから出さないようにしてトイレのしつけを行います。
 
 

 

 
トイレトレーニング手順
 
 

 

 



 
1、サークルやゲージを用意してペットシーツを敷き詰めます。

 
1つのサークルの中に子犬の寝る場所とトイレを作ります。
寝る場所は、犬用のベッドやカゴを用意します。
トイレには、トレーなどを用意してしっかりと区別しておきます。

 
大きすぎるサークルはトレーニングを失敗してしまう原因になります。
子犬の寝る場所とトイレの場所が収まるくらいの適度な大きさのサークルを選びましょう。

 

 

 

 

2、子犬が床の匂いを嗅いだり、ソワソワし始めたらトイレの場所に誘導するか、
抱き上げて移動させます。排泄するまで静かに見守ります

 

食事の後や水を飲んだ後に排泄する場合が多いので注意しておきましょう。
子犬は、トイレの回数が多く、1日に数十回はトイレを行います。
トイレトレーニングのチャンスはたくさんあります。
 
失敗しても知らん顔してさっさと片付けを行いましょう。
又、犬はとても綺麗好きです。汚れたトイレでは2回目の排泄をしにくくなります。
いつも清潔にしておきましょう!
 
 

 

 


 
 

 

3、トイレで上手く排泄できたらすぐに大きな声で褒めてあげます。
おやつや撫でてあげるのも良いのですが、まずは、「いいこ」などと声をかけて
大袈裟に褒めてあげましょう。
子犬は大きな声に一番反応します。
 
褒めた後は、サークルの外に出して遊ばせます。
最初は短時間(10分程)で良いでしょう。

 

排泄したのを見た瞬間に褒めます。
トイレをした事を褒められたと子犬にわからせる事が大切です。
サークルの外で遊ばせるのは、飼い主さんが排泄を見た時だけ行います。

 

 

 

4、トイレの場所がある程度覚えられてきたら、サークルの扉を開けたままにして、
外で遊そばせます。
遊んでいる時に自分でトイレの場所に戻り、トイレが出来たらしっかりと褒めてあげましょう。

 

 

遊ばせる場所はサークルの近くにしましょう。
排泄をしたくなったら自分で戻れるようにする為です。
この時失敗しても怒ってはいけません。
 
失敗する回数が多いようなら排泄のタイミングで
飼い主さんがトイレの場所に導いてあげても構いません。
 
トイレトレーニングは根気が必要ですが、しっかりと教えてあげると外出先や宿泊先、ドッグカフェなどでとても役立ちます。

 
かしこい犬の選び方・飼い方マニュアル無料プレゼントはこちら
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
これからもお役に立てる情報を更新して参ります。
気に入って頂きましたらRSS登録でブログの更新情報を是非お受け取り下さい!
 
ブログの更新をお知らせします!RSS購読はコチラ

関連記事

知って得する!わんこレター購読

もっと楽しいドッグライフを♪
すぐに役立つわんこ情報をお届けします
.わんこレター購読へ
わんこレター購読
.

姉妹サイト「犬のレシピ集」

わんこ用手作りレシピがいっぱい!

犬のレシピ集へ

皆のご飯&おやつ写真をご紹介!

わんこレシピYouTube


わんこの大好物ランキング


犬の手作りご飯レシピ連載中



犬の手作りご飯レシピ「幸せのれしぴ」

愛犬との幸せな暮らし

愛犬との幸せな暮らし
家族の一員である愛犬との暮らしを快適に!
「愛犬との幸せな暮らし」レポートプレゼント

facebookもよろしくお願いします!

応援してね!

おそろいご飯とおやつ♪

ページ上部へ戻る