• 2012.1.3

犬の健康 犬の寒さ対策

犬の寒さ対策2

犬はの体温は、個体差はありますが37.8℃~39℃と
言われており、比較的寒さに強いと言われています。

 

しかし、仔犬や高齢犬・ヘアレスタイプの犬は寒さに
弱いと言われています。

 

寒さ対策をしっかりと行なって快適な環境を作りましょう。

特に仔犬は上手く体温調節ができない為、寒さ対策が必要になります。

 

風邪を引いたり下痢をしてしまったりする可能性もあります。
床暖房や、ペット用ヒーターなどで床付近から暖かくなるような工夫を行いましょう。
暖かい毛布やフリース素材の敷物などをゲージに入れてあげるのもおすすめです。
高齢権も寒さ対策を怠らないようにしてください。

熱くなったら仔犬が移動できるスペースも確保しておいてあげましょう。

 

 

 

 

室内犬・高齢犬

快適な温度  25度前後

快適な湿度  40~60%

快適な環境  温度差が少ない場所(7℃以内)

 

 

階段の傍や、直射日光が当たる場所を避けてゲージをおいて
仔犬の負担を少なくしてあげましょう。

 

 

室外犬

外に犬小屋がある場合は、暖房などを使用することができませんので、
なるべく風が通り抜けない日光が当たる場所に小屋をおきましょう。
毛布などの暖かい敷物を敷いてあげましょう。
敷物はいつも清潔に保っておきます。

犬用の湯たんぽも販売されています。

特に寒い日の朝・夜などは、玄関に入れるなどして体温の低下を防ぎましょう。
夏場は、風通しの良い日陰になる場所に犬小屋を移動させることを忘れないでください。

 

 

 


特に寒い日の朝・夜などは、玄関に入れるなどして体温の低下を防ぎましょう。
夏場は、風通しの良い日陰になる場所に犬小屋を移動させることを忘れないでください。

寒い地方や、昼間と夜の気温差が激しい時期は室温に注意してあげましょう。
犬も寒い時期になると体を温める為に消費カロリーが多くなります。
普段の食事よりも多めにフードを与えても良いでしょう。
室内犬の場合は、肥満にならないように体重を計りながらフードの量を調節してください。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る