• 2011.10.30

仔犬のしつけと日常生活での注意事項

koinu23

犬の目線と人間の目線は思った以上に違います。
お家の中でも仔犬にとっては危険がいっぱい。

仔犬の日常生活おいても注意事項
がたくさんあります!

思わぬ所で犬が怪我をしないように工夫して
安心して安らげる空間を作ることでストレスから開放
されて、しつけも行いやすくなります。

 

 

 


どこが一番落ち着く?

 

 

仔犬のハウスやサークル・トイレは
なるべく静かで落ち着ける場所に設置しましょう。

湿気の多い場所や直射日光が当たる窓際などは避けます。
何が、危険なのか、一度犬目線になって確認してみましょう。

普段見落としている危険が発見できる場合もあります。
床に四つん這いになってみます。

床に落とした物をそのまま放置したり、
ごみを片付けておかないとおもちゃとして遊んでしまい、
飲み込んでしまう事も。

喫煙されている方は、灰皿・タバコ・ライターは
特に注意してください。

常にお家を清潔に保っておくことも大切です。

人間の目線と犬の目線は全くと言っていい程違います。
お家の中にも実は危険がいっぱい。

防げる事故は未然に防いで、お互いに快適な生活
ができるように注意しましょう。

 

 

 

玄関

来客時に飛び出して事故にあってしまう可能性もあります。
飛び出ないようにゲートなどを設置しておくのも良いでしょう。

靴をおもちゃにしてしまう事もあります。
いつも靴箱に入れる習慣をつけておきましょう。

犬がおもちゃにしそうなものは、しっかりと片付けておきます。
おもちゃにされたからと、いつも怒ってばかりいるのは
よくありません。出しておいた方にも責任があります。

叱るよりも褒めてあげる。
これは、しつけにもとても有効な方法です。
良いことをするとたくさん褒めて貰える、
ご褒美が貰えるとすぐに学習します。

防げることはまず、未然に!

 

キッチン・リビング

できるだけキッチンには入らない工夫をしましょう。
ねぎやチョコレート、刺激物を口にしてしまう恐れや、
刃物・洗剤・油など危険がたくさんあります。

コンセントや配線は犬にとって格好のおもちゃ。
特に歯の生え変わる時期には何でも口に入れて噛みたがります。
又、ゴミ箱もひっくり返して中の物で遊んでしまう場合も。

なるべく、床にゴミ箱を置かないなど
仔犬の目につかない工夫をしましょう。

 

庭・ベランダ

植物の中にも口に入れると中毒をおこすものがあります。
スイセン・アロエ・ポインセチアなどは特に注意が必要です。
植木鉢などは、棚などに置き事故を防ぎましょう。

犬は以外にジャンプ力があります。
庭やベランダの柵を飛び越えてしまうこともありますので、
しっかりと高さを確認して対策をしておきましょう。

 

 

 

 

関連記事

知って得する!わんこレター購読

もっと楽しいドッグライフを♪
すぐに役立つわんこ情報をお届けします
.わんこレター購読へ
わんこレター購読
.

姉妹サイト「犬のレシピ集」

わんこ用手作りレシピがいっぱい!

犬のレシピ集へ

皆のご飯&おやつ写真をご紹介!

わんこレシピYouTube


わんこの大好物ランキング


犬の手作りご飯レシピ連載中



犬の手作りご飯レシピ「幸せのれしぴ」

愛犬との幸せな暮らし

愛犬との幸せな暮らし
家族の一員である愛犬との暮らしを快適に!
「愛犬との幸せな暮らし」レポートプレゼント

facebookもよろしくお願いします!

応援してね!

おそろいご飯とおやつ♪

ページ上部へ戻る